Takers、ウォール・ストリート、The Town、ソーシャル・ネットワーク。


Takers、ウォール・ストリート、The Town、ソーシャル・ネットワーク。

機内で観た4作。

a0163270_18392813.jpg


TAKERS。

銀行強盗を企む犯罪グループとそれを追う刑事たちとを描いたクライム・アクション。

大掛かりなケース専門の銀行強盗団(イドリス・エルバ、ポール・ウォーカー、ヘイデン・クリステンセン、マイケル・アーリー、クリス・ブラウン)は、刑務所より出所したばかりの仲間(T.I.)の誘いにより、最後の大仕事に取り組むが、それは強面刑事(マット・ディロン)との対決へと様相を変えて行く。
『アバター』のジョーイ・サルダナがT.I.演じる"ゴースト"の恋人役で出演。
監督はジョン・ルーセンホップ。

T.I.の演技が最高の映画です。 仲間、裏切り、友情、兄弟愛、、、、なんでもござれな迫力もあるいい映画です。クライム・アクションが好きな方おすすめ。

a0163270_1847539.jpg


ウォール・ストリート。日本では来月2月4日公開。

1987年のウォール街の続編。
チャーリー・シーンが出演していた前作、3,4回観たほどおもしろいし仕事にもやる気がでてくる映画でしたが個人的にはちょっとイケイケ感がたりなかったかな、、、、という印象の映画です。
とはいえ結局集中してみてあっという間におわったのでおもしろかったのかも(笑)。アメリカ映画らしい終わり方も好きです。

a0163270_1855411.jpg


The Town。日本では来月2月5日公開。

シブい映画です。全米でも最悪の強盗と犯罪の街でおきる銀行強盗の話。地元、義理、親友、、、、、いろんな要素がミックスされた映画です。最後の大仕事は迫力満点。主人公の役柄もシブくていいです。

a0163270_1923761.jpg


ソーシャル・ネットワーク。日本では明日1月15日公開。

世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」創設者マーク・ザッカーバーグの半生を、鬼才デビッド・フィンチャーが映画化。2003年、ハーバード大学に通う19歳のマークは、親友のエドゥアルドとともに学内の友人を増やすためのネットワーキング・サービスを開発する。そのサービスは瞬く間に他校でも評判となり、ファイル共有サイト「ナップスター」創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと急成長を遂げるが……。主演は「イカとクジラ」のジェシー・アイゼンバーグ。共演にジャスティン・ティンバーレイク、新スパイダーマンに抜擢されたアンドリュー・ガーフィルドら。

これも面白いです。実話映画が好きな方、おすすめです。
[PR]

by 70msg | 2011-01-14 19:07 | 映画。  

<< 帰国。 3日目。 >>